【令和三年辛丑】~かのとうし~
吉川八幡神社は、大阪最北端(妙見口駅)の八幡神社です。ときわ台・東ときわ台・光風台・新光風台・保の谷の総氏神様です。
令和三年。今年の干支"辛丑"~かのとうし~ についてお話をさせて頂きたいと思います。
辛は陰陽五行の十干で金の陰。
丑は十二支の2つ目で干支では北東の鬼門"丑寅"を指し、丑は土の陰となります。
鬼門の方角とは言っても、北から東へ進むという事は、日の出る方角"東"へ進んでいることでもあります。
辛と丑は相生(そうせい)で"土"から草木の種が芽吹く「産霊(むすひ)」の歳となります。
草木が種から芽吹く前というのは生命力が満ち満ちて漲る産霊(むすひ)の力によるものだと古くから考えられてきました。
また産霊(むすひ)は、結び(むすび)ともに同様のチカラによるものだと考えられてきました。ご縁などにも同じようなことが言えます。今まで培ってきた御縁を密接に深めてゆける結びの歳でもあると考えられます。
さて、吉川八幡神社は吉田神道(特に北辰信仰)の文化を多く現代に伝えております。
巫女神楽、盟神探湯、吉田神道御幣の奉製と祓えの儀式、旧祭式作法などの「一社の故実」に於きましては、一年の祭りを通じて皆様に御拝観頂ける機会がございます。
節分祭、春大祭、放生会、秋例祭などの祭典に是非とも御参列をお待ち申し上げます。
また、御神馬がお仕えする神社は日本全国でも15社しかないと言われております。
特に吉川八幡神社の御神馬〜いづめ〜は木曽馬系の日本在来馬で日本古来の貴重な合戦馬です。日本在来馬(和種)が御神馬としてお仕えする神社は日本全国に5社しかないとのことです。
これからも御神馬の育成に勤んでゆきますのでご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。
 

【吉川八幡神社 奉賛会(崇敬会)入会のおしらせ】
会員は1年ごとの年会費(1口 ¥5,000円)による氏子会組織とは別の崇敬会組織で、氏子地域外にお住まいの方もご入会頂けます。
令和三年度 吉川八幡神社の奉賛会(崇敬会)会員を募集致します。
一口¥5,000円より御奉賛により、月次祭(毎月1日・15日10:30〜)にて「奉賛会員様の御芳名を神前に奉納」し家内安全・心身健康を祈願致します。月次祭へはどなた様も御参り頂けます。
※お申込みは必ず事前にメールにてお申込み下さい。
・お申し込み
メール: yoshikawahachimanjinjya@gmail.com
FAX:06-6308-5874
(1)住所・(2)氏名・(3)生年月日・(4)ご連絡先・(5)崇敬会申込みご希望の旨をお書き添え下さい。
崇敬会費のお振込先:三菱UFJ銀行 十三支店068 口座番号0208985 八幡神社

jinjacho_osaka.png jk_1400sq_chmcl00004.jpg